水産生物の種を
判別するためのDNA多型の探索とデータベース化
背景と目的
 魚介類の種や産地などを判別することは,食の安全・安心を確保するための基本であり,その核となる技術の一つに種ごとに異なるDNA情報(DNA多型)を利用した方法がある。これを活用して,どこからでも魚種や産地などを判別できるよう,データベース検索による照合が可能なシステムを作り,消費者の水産物への安全,安心に貢献する。

成  果
 水産生物の生理・生態などの情報とDNA情報を一元的に管理する生物情報データベースの検討を行った。ここでは,判別のための検査を「簡易と精密」の2段階とし,簡易検査で問題が発生した時,専門機関でさらに精密検査することで安全・安心を確保するシステムとした。

波及効果
問い合わせ先: 水産遺伝子解析センター(小林敬)
nrifs-info@ml.affrc.go.jp

PDF版へ

研究の動きへ

top中央水産研究所日本語ホームページへ