富栄養化した沿岸干潟・浅海域に
おける有用資源の生息環境と
主要餌料生物変動機構の解明
背景と目的
  1.  東京湾など都市近郊の富栄養化した干潟・浅海域では,アサリなどの水産物の漁獲量の低迷が続いているが,その原因は明らかとなっていない。
  2.  生物中の窒素安定同位体比(δ15N)は,食物連鎖の階層が上がると一定の比率で増加することが知られており,自然界における物質の流れをはじめとして,様々な生物の餌を推定する方法として広く用いられている。
  3.  アサリ漁獲量低迷の原因として餌など環境の影響に着目し,アサリ生息環境の指標として窒素安定同位体比δ15Nを用いる手法を検討した。
成  果
  1.  富栄養化した干潟・浅海域において,アサリの餌となる粒子(POM)の窒素安定同位体比は,粒子生成に利用される栄養塩(DIN)の状態を反映して場所によって大きく異なっていることが明らかとなった。
  2.  窒素安定同位体比δ15Nを指標として,海域ごとの水質とアサリの栄養状態などを比較することで,アサリの生息環境を評価できる可能性が示された。

図2.横浜市金沢湾周辺の海水中の粒子状有機物(POM)と溶存態無機窒素(DIN)の 窒素安定同位体比(δ15N)の関係.
波及効果
  1.  富栄養化した干潟・浅海域におけるアサリなど水産生物の生息環境の評価が可能となる。
  2.  干潟・浅海域の漁場保全指針の作成,修復技術の開発に役立つ。
協力研究室:浅海増殖部 浅海生態系研究室・資源増殖研究室
問い合わせ先: 海洋生産部  物質循環研究室(児玉)
nrifs-info@ml.affrc.go.jp

PDF版へ

研究の動きへ

top中央水産研究所日本語ホームページへ