研究の動き
イワナの個体群における生態的特性と遺伝的多様性の関係
背景と目的
 川や湖での在来個体群,すなわちそれぞれの場所で固有の遺伝子を持った魚たちは,生息環境の悪化等の影響を受け減少しつつある。これに対し,遺伝的多様性の保全の観点から,イワナを対象として個体群の保全方法を研究した。
成 果
  1. イワナの在来個体群の多くは,ダム上流の狭い範囲に隔離されて生息していることがわかった。
  2. これらの個体群の遺伝的多様性は低く,絶滅のおそれがあると考えられた。
  3. 在来個体群の保全方法を開発した(図1~3)。
図1
図1.残存法
波及効果
  1. イワナに限らず,淡水魚の在来個体群の生息状況は似通っている。今回開発されたいずれかの方法により,生息状況や社会状況,資金などに応じて,在来の個体群を保全できる。
  2. 国交省や都道府県の土木部などに対して,在来の個体群を保全するための河川の管理方法を提言できる。
問い合わせ先:内水面研究部 生態系保全研究室(中村)
nrifs-info@ml.affrc.go.jp

PDF版へ

研究の動きへ

top中央水産研究所日本語ホームページへ