加入管理のための資源評価法および管理基準の開発
    
図2左 図2右
図2.マサバ仮想資源でのTAC管理(左)努力量管理(右)の下での親魚量(SSB)の動態と努力量管理は失敗確率が低い
問い合わせ先:資源評価部 資源動態研究室(西田)
nrifs-info@ml.affrc.go.jp

加入管理のための資源評価法および管理基準の開発(本文)へ

top中央水産研究所日本語ホームページへ