水産分野におけるトレーサビリティシステム導入の実態と課題

水産経済部 流通システム研究室
背景・目的
  1. 近年、食の安全や安心への関心の高まりから、水産分野(漁業・養殖業・水産加工業)においてもトレーサビリティシステムの導入が増えている。
  2. しかし、導入実態の把握は進んでおらず、課題の検討も十分には行われていない。
成果
  1. 水産分野では、リスク管理に対応した厳密な意味でのトレーサビリティシステムの導入事例は少なく、生産者情報や養殖履歴情報等を開示するシステムが多い。
  2. 広く実用化を進めるためには、流通情報の管理、情報の収集と開示の関係、情報の信頼性、構築・運用コスト、システム連携、リスク管理機能等の検討が必要である。

図1 水産物の主な流通経路
波及効果
  1. 水産分野におけるトレーサビリティシステム導入の実態や課題を検討することによって、今後のシステム普及に必要な条件が明らかになる。
  2. 業界関係者や一般消費者に対する啓蒙効果が期待できる。
連絡先

  樽井 義和 TEL : 045-788-7674
nrifs-info@ml.affrc.go.jp

PDF版へ

目次へ

top中央水産研究所日本語ホームページへ