環境変化に耐えるノリ育種
水産遺伝子解析センター
背景・目的
1. 有明ノリが色落ちするという不作が起こり対策が急務。
2. 有明海の環境変化に適応するノリ品種作出が重要。
3. 従来の育種では長期間にわたる選抜が必要。
4. 効率的な育種のためにはノリ遺伝情報を蓄積し、新規の遺伝子情報を利用した育種、マーカー育種法開発が必要
成果
1. ノリ色落ちに関連すると考えられる、色素に関する遺伝子が存在する葉緑体ゲノム配列決定
2. 育種の目印となるマイクロサテライトマーカー、SNP(一塩基多型)等のノリDNAマーカーを開発
3. これらマーカーより、ノリ養殖品種は多型性が極端に少ないことが判明
4. この結果、新規育種素材として天然集団の確保が重要であることが判明
5. 天然分布オリジンと考えられる北海道を中心に天然株の探索・採集、DNAの多様性の確認
6. 核DNAや減数分裂を効率的に研究するための基礎となるノリ核DNAの分染法開発(中央水研資源評価部と共同)
7. 色落ち現象の実験室での再現法及び、色落ち前後での遺伝子発現検討のためのマイクロアレイ法を開発、候補遺伝子クローンを単離、同定中
波及効果
1. 色落ちを事前に察知しうるのための環境変動に対するノリ側の反応モニタリング系の開発
2. 水産生物の遺伝子・DNAマーカーを利用した育種に向けての戦略開発
3. 水産生物のマイクロアレイを用いた遺伝子解析基礎技術開発
連絡先
中山一郎
協力機関
中央水産研究所資源評価部、(独)水産大学校、北海道大学、三重大学、福岡県有明海研究所、佐賀県有明水産振センター

nrifs-info@ml.affrc.go.jp

目次へ

top中央水産研究所日本語ホームページへ