2002年11月作成
マイワシ類の原産地推定
利用化学部

研究の背景・目的
  1. JAS法の改正に伴い、生鮮魚の原産地表示が義務化
  2. マイワシ不漁に伴い、外国からのマイワシ類輸入が急増
  3. このため、マイワシ類の原産地推定法の確立が急務
研究成果
  1. 生鮮及び丸干し試料から、DNAの抽出とPCRに成功
  2. 調べたマイワシ類は日本近海産と判明
波及効果
  1. 生鮮および丸干しのマイワシについて、原産地が日本近海、アメリカ大陸沖、オーストラリアおよび南アフリカ沖を判別可能。
  2. 同様な手法は、他魚種にも適用可能で、応用範囲は広い

日本近海のマイワシに特有のDNA判別パターン

nrifs-info@ml.affrc.go.jp

PDFファイルへ

目次へ

中央水研日本語ホームページへ