イワシ類等主要浮魚類の加入量変動の把握
黒潮研究部
協力機関:都道府県研究機関

研究の背景・目的
  1. イワシ類など浮魚資源の初期成育の場は黒潮域である
  2. 卵・仔魚・稚魚などはどのように分布しているのか?
  3. 卵の分布から資源量はどの程度正確に推定できるのか?
研究成果
  1. ウルメイワシの卵はマイワシより深い水深に分布していた
  2. マアジ仔稚魚の100mスケールの分布を明らかにした
  3. 卵数法によりカタクチイワシの資源量を推定した
波及効果
  1. 加入量変動の変動様式と卵の鉛直分布が関係する可能性
  2. 卵数法によるカタクチイワシ推定資源量はコホート解析の結果と類似
  3. 今後、資源評価に応用するとともに評価精度の向上が必要

nrifs-info@ml.affrc.go.jp

目次へ

中央水研日本語ホームページへ