九州南方から四国沖の黒潮北縁域における水塊の分布と挙動
黒潮研究部
協力機関:都道府県研究機関

研究の背景・目的
  1. 東シナ海から太平洋側沿岸域にマアジ仔稚魚は輸送されている
  2. 九州南方から四国沖の黒潮北縁や内側沿岸域にマアジ仔稚魚は分布
  3. マアジ仔稚魚の輸送と東シナ海系水との関係は?
研究成果
  1. 東シナ海系水は九州南方の黒潮内側域表層と黒潮北縁中層に分布
  2. 東シナ海系水がマアジの輸送に関与している可能性を示唆
  3. 日向灘の透明度と太平洋側のマアジ漁獲量との間に関係
波及効果
  1. 東シナ海系水とマアジの加入量との関係が示唆された
  2. マアジの資源変動と海洋環境との関係が解明される可能性
  3. 今後、マアジの加入量の推定および変動予測が必要
等密度面(σt=24.2)上の水塊分布と流速分布
青丸が東シナ海低温塩分

nrifs-info@ml.affrc.go.jp

目次へ

中央水研日本語ホームページへ