日本周辺海域における一次生産および関係諸量の推定手法の開発
黒潮研究部
協力機関:都道府県研究機関

研究の背景・目的
  1. 日本周辺海域は一次生産測定の空白域であった
  2. 衛星データを検証するためには現場での一次生産の測定が必要
  3. 土佐湾の一次生産は季節的にどのように変化しているのか?
研究成果
  1. 春と秋の一次生産のピーク(ブルーミング)を確認した
  2. 黒潮域の土佐湾では夏にもピークが見られた
  3. 親潮・北海道周辺・鹿島灘・黒潮・東シナ海のデータが収集できた
波及効果
  1. 日本周辺の一次生産データの空白域が少なくなった
  2. 衛星データから海洋一次生産を見積もるアルゴリズム開発に利用可能
  3. 今後、衛星画像から海洋一次生産を推定することが必要

土佐湾のSta.B8(水深100m)での基礎生産速度の年変動mgC/m3/day)

nrifs-info@ml.affrc.go.jp

目次へ

中央水研日本語ホームページへ