中央水研ニュースNo.29(平成14年7月発行)掲載
【研究情報】各部の平成13年度の活動と平成14年度の方針

[生物生態部]
基盤的研究の推進
入江隆彦



 平成13年度の成果:海区共通基盤研究部門として,海区水研資源関係部から要請される資源・生態研究に係わる調査・解析手法に関する基盤的な研究を中心に,平成13年度は経常研究4課題及びプロジェクト5課題を実施しました。この中では,重要浮魚類の成長・減耗等を明らかにするための研究手法としてオーブコム衛星漂流ブイを利用した同一群の追跡調査を黒潮続流域で企画・実行し,サンマの成長・減耗や浮魚類稚魚等の餌をめぐる競合等に関し成果を得ました。サンマの個体群動態モデルの開発に関して,サンマ資源の長期変動に気候・環境指数の間の定性的な関係を見いだし,これをモデルに組み込んでレジームシフトを再現することに成功しました。黒潮研究部からの要請を受けて平成13年度に新たに取り組んだゴマサバの耳石による年齢査定技術の開発では,一定の成果を得,海区担当部と共同でその成果を発表することができました。水産総合研究センターが水産庁から委託を受けて推進している資源評価調査事業では,資源評価体制確立推進事業担当部長,資源評価・ABC算定基準作業部会リーダー,FRESCO作業部会リーダー等を務め事業の推進に資するとともに,平成13年度から新たにマサバの資源評価及び漁況予報を分担・担当し,中央ブロック資源評価会議,太平洋イワシ,アジ,サバ等長期漁海況予報会議等でブロック対応における役割の一端を果たしました。また,国が推進する資源回復計画に関連してマサバの資源管理方策の提案等を行うとともに,水産庁関係部局及びまき網業界からの要望にも積極的に対応しました。これらの成果は,学会誌7報,公刊図書5報,その他の報告12報,口頭発表33報,その他10報として発表・公表されました。委員等では,海洋水産資源開発センター資源評価調査(スケトウダラ音響調査)検討委員,PICES共同議長(WG16),PICES委員(GLOBEC-SPACC)など応嘱した委員は計7件,学会等の委員計9件に上ります。外部に対する所レベルでの研修の実施では,中央ブロック資源管理研修会講師3件,招待された講演等3件,海外漁業協力等の実績2件でした。他機関との連携・協力では,海洋生産部とともに科学技術振興事業団との共同研究「日本周辺の海洋環境及び海洋生物データベース」に参画するとともに,北里大学との共同研究「黒潮親潮移行域における魚類の餌生物に関する研究」を実施しました。協同研究は1件,受け入れ研修者は1名でした。学会等のシンポジウムの企画などでは,水産海洋学会シンポジウム「マサバとゴマサバ太平洋系群の漁業,資源,管理の現状と将来展望」及び「水産海洋分野におけるモデル研究の最前線」のコンビーナー,日本水産学会70周年記念国際シンポジウム「生態系,気候変動と資源管理」のコンビーナー等,計9件を引き受けました。
平成14年度の目標:資源・生態研究に関わる調査・解析手法に関する基盤的な研究を一層促進するとともに,そのために役立つプロジェクト研究には積極的に参画します。水産庁からの資源関係委託事業の推進にあたっては全国的な総括,調整業務を率先して行うとともに,マサバの資源評価や資源管理方策の提案等を通じ,資源回復計画等の水産行政施策の遂行に努力します。海洋環境研究部門との連携・協力を強化し,生態系や環境要因を考慮した浮魚類の加入量変動の予測,資源評価手法の開発を目指すとともに,当部の研究評価部会で外部委員から要望のあったレジームシフトと資源変動との関係解明,成長管理への取り組み,業界への対応強化等についても力を注ぎます。
生物生態部長

Takahiko Irie
back中央水研ニュース No.29目次へ
top中央水研ホームページへ