中央水研ニュースNo.29(平成14年7月発行)掲載
【研究情報】各部の平成13年度の活動と平成14年度の方針

[黒潮研究部]
黒潮と水産資源のなぞに迫る
石田行正

黒潮研究部は,平成13年度,黒潮域の資源・海洋研究を中心に,一般研究5件,プロジェクト研究8件,委託事業7件を実施しました。
一般研究では,土佐湾のイワシ類や海洋環境の調査を通して,低水準にあるマイワシ資源などのモニターを継続しました。また,黒潮内側域の低温化現象の発生メカニズムを明らかにしました。平成14年度は,これらの調査を継続し,マイワシ不漁の原因解明やより良い漁海況予報につなげたいと考えています。
プロジェクト研究では,東シナ海発生群と地先発生群の識別,黒潮による稚仔魚の輸送・加入過程,減耗要因,海洋環境の変動とマアジの資源変動との関係を検討し,いくつかの作業仮説を得ることができました。平成14年度にはこれらの仮説を一つ一つ科学的に検証し,マアジ資源管理の基礎を提供したいと考えています。
委託事業では,マイワシなどの生物学的許容漁獲量(Allowable Biological Catch; ABC)を算定するための調査研究を実施するとともに,イワシ・アジ・サバ類の長期漁海況予報会議や資源評価会議などを開催しました。平成14年度には,資源評価や予報の精度向上だけでなく,どのような漁獲戦略が漁業と資源の維持・回復を両立させることができるのかについても,いくつかの選択肢を漁業者と行政官に示していきたいと考えています。
中央ブロックの研究推進の面では,平成13年度,ブロック推進会議のもとに「海洋環境部会」と「漁業資源部会」,また両部会のもとに「資源・海洋研究会」を設置しました。黒潮研究部では,「黒潮流路変動に伴う黒潮内側域の海洋環境変動,生物生産変動及び漁場形成機構の解明と早期漁海況予測システムの開発(仮題)」と「沿岸定線調査等検討」を当面の課題としてワーキング・グループによる検討を開始しました。平成14年9月の「資源・海洋研究会」においてその検討結果を示し,議論の素材にしていただく予定です。
このような黒潮研究部の調査研究,ABC推定などの行政対応,そして中央ブロックの研究推進への対応といった3本柱の活動は,4月の機関評価会議で一定の評価をいただきました。しかし,研究成果の論文化の促進,より精度の高いABC算定やわかりやすい説明,ブロック内で開催される会議情報のよりスムーズな伝達などの問題点が指摘されました。これらの指摘事項を平成14年度の黒潮研究部の課題として着実に改善していきたいと考えています。黒潮研究部の活動は,ブロック内外の各試験研究機関の方々に支えられて成立しています。今後ともご意見・ご協力をよろしくお願いいたします。
黒潮研究部長

Yukimasa Ishida
back中央水研ニュース No.29目次へ
top中央水研ホームページへ