品質管理研究室におけるマダイの死後硬直測定実験(本文:品質管理研究室紹介参照)
 鮮魚の硬直開始時間は飼育条件や致死条件,保存温度などが複雑に影響する。
 硬直開始時間を可能な限り遅延させることは,養殖魚の品質管理上の一つの大きな目標となっている。

nrifs-info@ml.affrc.go.jp
main中央水研ニュースNo29目次へ
top中央水産研究所ホームページへ