中禅寺湖ホンマスの生態調査のため ひれ切り標識を実施しました
国立研究開発法人 水産研究・教育機構 中央水産研究所 日光庁舎
中禅寺湖漁業協同組合
栃木県水産試験場
【概要】
 福島第一原子力発電所事故の影響を受け、中禅寺湖のマス類から食品の基準値を上回る放射性セシウムが検出されており、現在、基準値を満たしているワカサギとヒメマスを除く、その他のマス類ではキャッチアンドリリース(C&R)制による遊漁が行われています。
 特に、マス類の中でも魚食性を示すホンマス、ブラウントラウト、レイクトラウトについては、プランクトン食性のヒメマスに比べ放射性セシウム濃度が高く、未だ減少傾向が認められない魚種も含まれることから、持ち帰り規制解除に向けた見通しを立てることが困難な状況にあります。
 チェルノブイリ原発事故の影響を調べた研究によると、サケ科魚類は大型・高齢の個体ほど放射性セシウム濃度が高いとされています。しかし中禅寺湖では、このような調査は実施されておらず、放射性セシウム濃度の推移をより詳しく調べるための課題となっていました。
 そこで先ずはホンマスに焦点をあて、今後の調査の際に年齢が識別できるよう、平成28年に放流した稚魚全数に標識(あぶら鰭切除)を施しました(下図参照)。
 中禅寺湖を愛する釣り人の皆様は、鰭が揃った美しいマス類を釣ることを楽しみにしている方が多いと思います。しかし、この調査により平成29年度からは「あぶら鰭のない」ホンマスも釣れてしまう可能性がありますが、あぶら鰭切除がホンマスの生活に及ぼす影響はほとんどないと言われていること、また中禅寺湖のホンマスの生態を明らかにし持ち帰り規制解除の見通しを立てるためにも、今回の標識放流調査にご理解を頂ければ幸いです。
 但し、あぶら鰭のない魚が釣れた場合でも研究所や漁協に報告していただく必要はありません。通常通りリリースして頂けるよう、よろしくお願いいたします。
【詳細資料】  ダウンロード (PDF 108kB)
【問い合わせ先】
国立研究開発法人 水産研究・教育機構 中央水産研究所 日光庁舎
      (担当:鈴木 俊哉)
〒321-1661 栃木県日光市中宮祠2482-3
Tel:0288-55-0055、 FAX:0288-55-0064
lime