黒潮大蛇行に関連する漁海況の特異現象
(神奈川県、対象期間:2004.8~2005.4)
(1)漁況
2005年1月下旬~4月上旬、相模湾東部(大楠)の定置に、キビナゴの漁獲が目立った。
時折、数百kg/日。最大で1,680kg(2月13日)。
2001年の集計以来目立った漁獲はなかった。
大蛇行との関連:高水温の継続
2005年3月、相模湾のシラス漁獲、過去3年の標本船3ケ統合計で200kgのところ、2トン。関東東海の他県は漁獲無し。
大蛇行との関連:黒潮大蛇行由来の暖水波及。詳細不明ながら、土佐湾でシラスが獲られているらしいことから、大蛇行流路に乗って、土佐湾以降最初の接岸海域として来遊したのかも知れない。
2005年3月27日、相模湾東部(大楠)の定置に、マスノスケ(130cm, 15kg)が1尾入網。
大蛇行との関連:詳細不明。ぶりの南下回遊の大量入網と同様のメカニズムか?
2005年4月17日、相模灘東部(沖の山)でイルカ(種不明)の大群(長さ・幅:数百m)を目視。
大蛇行との関連:不明。ぶりの南下回遊の大量入網と同様のメカニズムか?
2005年4月、相模湾西部(小田原)の定置にブリ(ワラサ銘柄)が33トン入網。
2001年の集計以来、月間の漁獲量で最大(2位は2004年4月に19トン、3位以下は4トン未満)。ただし、集計は、種及び銘柄の扱いの問題があり、再検討が必要。
大蛇行との関連:漁況担当者の推論
黒潮と伊豆諸島北部の西側の暖水に回遊路が遮られて相模湾に回遊?
産卵南下群はそのような大量入網のパターンが言われているが、ワラサは通常、産卵群ではない。マサバで若齢産卵が顕著となっているが、ブリでもそのような現象はあるかも?
2005年4月26日、三浦半島の定置にブリの成魚が多く入網(未集計)。
(3)報告機関
神奈川県水産技術センター 資源環境部
〒238-0237 三浦市三崎町城ヶ島養老子
TEL 046-882-2313
FAX 046-881-7903

nrifs-info@ml.affrc.go.jp

top中央水産研究所日本語ホームページへ