**2020.7.20より水産研究・教育機構の組織改編により、中央水産研究所は水産技術研究所の一部を含む
水産資源研究所横浜庁舎となりました。**
このサイトの情報は大半が旧中央水産研究所の情報ですが2020.7.20以降の情報を含みます。
水産研究・教育機構の新しい情報についてはhttp://www2.fra.go.jp/xq/のサイトをご覧下さい。

令和3年度水産利用関係研究開発推進会議の開催について

1.会議開催について
 令和3年度水産利用関係研究開発推進会議を開催いたします。会議に先立ち「品質安全研究会」と「資源利用研究会」を開催します。本年度も新型コロナウイルス感染症予防のためWeb開催とし、懇親会は行いません。
2.開催日程
    推進会議 議事次第(11月5日公開予定)   研究会プログラム(11月5日公開予定)
11月16日(火) 13時00分~18時00分* 品質安全研究会、資源利用研究会
Web開催**
11月17日(水) 9時30分~17時00分* 品質安全研究会、資源利用研究会
Web開催**
11月18日(木) 9時30分~16時00分 推進会議 Web開催***

 開催時間は、研究発表の申込状況により変更となる場合があります。

** 研究会は、新型コロナウイルス感染症予防のため、以下の方法で開催いたします。 Web上で、演者による当日のリモートプレゼンテーション(ppt資料操作)とオンラインでの質疑応答を行います(MS Teams使用)。Word資料は事前に参加者へデータ送付し、冊子資料は事後郵送します。接続環境等により発表が困難な方はスライドショー形式でのプレゼン資料配信で対応しますので、事務局へご相談ください。

*** 推進会議は、新型コロナウイルス感染症予防のため、以下の方法で開催いたします。 Web会議として開催します(MS Teams使用)。Webにどうしても対応できない機関の代表者に限り会場(水産資源研究所横浜庁舎会議室)を提供いたしますが、来所は1機関1名のみに限ります。

3.開催場所
全日程Web開催(MS Teams使用)
18日(木)のみ:水産資源研究所 横浜庁舎 本館3階講堂(Web対応できない機関のみ)
         横浜市金沢区福浦2-12-4 (地図)
         横浜新都市交通 金沢シーサイドライン「市大医学部」駅 徒歩4分
4.推進会議参集範囲
 原則的に、推進会議の運営細目にある参画機関が参集範囲となりますので、それ以外の機関のご参加はお断りしております。
5.研究会発表原稿(事前配信資料、冊子原稿) 送付締切:10月22日(金)
 書式見本(A4・2枚)をダウンロードして原稿を作成し、WordファイルならびにPDF形式(合計10MB以下)に変換したファイル両方を、メールにてRiyou_R3@ml.affrc.go.jpへお送りください。冊子は白黒での印刷となります。ご注意ください。
 作成の際は必ず書式見本に準じてご作成ください。
 書式は研究発表用となっておりますが、事業、業務などの紹介の場合は適宜変更して作成願います(研究発表以外はA4・1枚でも可)。
6.申込方法ならびに締切
 ご参加の形態に応じて、該当の申込書リンクから申し込み締切までにご入力ください。後日、会議詳細ならびに接続テストのご案内をお送りいたします。
参加形態 申込書 申込み締切
研究会参加
(発表あり)
研究会参加申込書
(発表あり)
10月22日(金)
(原稿締切も同日 10月22日(金))
研究会参加
(発表なし)
研究会参加申込書
(発表なし)
11月10日(水)
推進会議参加 推進会議参加申込書 11月10日(水)
令和3年度水産利用関係研究開発推進会議事務局
 国立研究開発法人水産研究・教育機構
  水産技術研究所環境・応用部門水産物応用開発部
    事務局:尾島信彦,西山文子 TEL:045-788-7663  FAX:045-788-5001         松嶋良次 TEL:045-788-7669
※当機構では現在、新型コロナウィルス感染症への対応として、在宅勤務も取り入れた勤務体勢としております。お問合せはメールにて事務局:Riyou_R3@ml.affrc.go.jp へお願いいたします。