サマー・サイエンスキャンプ2013

2013年度は終了しました    開催状況報告

開催案内

 サマー・サイエンスキャンプは、高校生が研究現場を実体験し第一線の研究者から直接講義や実習指導を受けることにより、科学技術に対する興味と関心を深めると同時に学習意欲を高めることをねらいとして、独立行政法人科学技術振興機構(JST)の主催により全国の研究機関や大学がタイアップしておこなう科学技術体験合宿プログラムです。

 独立行政法人水産総合研究センター中央水産研究所では平成19年度より実施機関として参加しており、6回目となる今回は水産物応用開発研究センターが中心になり「魚を学ぶ!魚で学ぶ!~海洋生物生理活性物質研究~」をテーマに最先端の分析機器を使って水生生物の生理活性物質の分析法を学びます。

 今年のプログラムでは、水産生物の機能成分を抽出し、先端分析機器を用いた濃度測定、動物への作用について実験動物であるゼブラフィッシュをつかった機能評価など、生理活性物質研究の基礎を学びます。また、中央水産研究所の大型調査船「蒼鷹(そうよう)丸」の見学も予定されています。

Highslide JS Highslide JS Highslide JS
サマー・サイエンスキャンプ2012の開催状況
応募締切 2013年6月14日(金)必着
日程 2012年8月19日(月)~ 8月21日(水) 2泊3日
会場 独立行政法人水産総合研究センター 中央水産研究所
(〒236-8648 横浜市金沢区福浦2-12-4)
会場までの交通手段 JR「横浜駅」より約50分、
横浜新都市交通金沢シーサイドライン「市大医学部駅」下車、徒歩5分
access map
アクセス
宿泊場所 横浜テクノタワーホテル ファミール(予定)
募集人員 12名
※募集要領、参加申込書等の詳細については、以下のサマーサイエンスキャンプのウェブサイトをご参照ください。 Sience Camp LOGO
Copyrights © National Research Institute of Fisheries Science,Fisheries Research Agency All rights reserved