banner1 banner2

Copyrights © NRIFS-FRA All rights reserved.

研究のうごき (中央水産研究所主要成果集)  Current Research Activities of NRIFS
ISSN : 1881-5944

第1号 / 第2号 / 第3号 / 第4号 / 第5号 / 第6号 / 第7号 / 第8号 / 第9号 / 第10号 / 第11号 / 第12号 / 第13号 / 第14号 /

目次

 第6号 (平成20年10月発行)
第6号(PDF一括)    表紙(PDF)    目次(PDF)    奥付(PDF)   

表紙

(写真説明)

はしがき
  井上 潔(中央水産研究所 所長)

目次

組織図   p. 1

所内における研究関連の主なできごと(2007年9月~2008年8月)   p. 2 - 4

母なる海,黒潮の生物生産を観察し続ける研究   PDF
  杉崎宏哉(海洋生産部 低次生産研究室)   p. 5

海況予測モデルの安定運用と予測精度の改良   PDF
  清水 学(海洋データ解析センター 海洋モデル研究グループ)   p. 6

太平洋クロマグロ仔魚と水温の関係   PDF
  稲掛伝三(海洋データ解析センター 海洋モデル研究グループ)   p. 7

大規模変動する海洋生物資源の税による管理   PDF
  三谷卓美(水産経済部 漁業管理研究室)   p. 8

日本近海クロマグロを対象とした漁業の実態   PDF
  宮田 勉(水産経済部 経営システム研究室)   p. 9

若年漁業者が存在する条件   PDF
  大谷 誠(水産経済部 経営システム研究室)   p. 10

組織学的観察による魚類産卵履歴の推定-アユは一生に一回しか産卵しないわけではない-   PDF
  清水昭男(資源評価部 整理特性研究室)   p. 11

黒潮続流 フロント域におけるカタクチイワシ仔稚魚の微細水平分布   PDF
  久保田 洋(資源評価部 生態特性研究室)   p. 12

土佐湾におけるマイワシ稚魚の成長解析   PDF
  石田 実(資源評価部 資源動態研究室)   p. 13

ベイズ型VPAを用いた資源量推定   PDF
  赤嶺達郎(資源評価部 数理解析研究室)   p. 14

現場飼育実験手法を用いてアサリの成長生残に影響する環境要因を調べる   PDF
  張 成年(浅海増殖部 浅海生態系研究室)   p. 15

サザエはどのくらいヒジキを食べているか?   PDF
  丹羽健太郎(浅海増殖部 生物特性研究室)   p. 16

ダムの下流で起こる川底の「露盤化」をどうするか?   PDF
  中村智幸(内水面研究部 生態系保全研究室)   p. 17

カワウ食害管理にむけて   PDF
  箱山 洋(内水面研究部 生態系保全研究室)   p. 18

アユの遡上量を予測する   PDF
  山本祥一郎(内水面研究部 資源生態研究室)   p. 19

餌の生産力と川の物理環境がアユの生息密度に及ぼす影響を調べる   PDF
  阿部信一郎(内水面研究部 資源生態研究室)   p. 20

中山間地域社会にもたらすアユの恩恵を評価する   PDF
  阿部信一郎(内水面研究部 資源生態研究室)   p. 21

ヒメマスが食べる餌生物の生産量を推定する   PDF
  坂野博之(内水面研究部 資源生態研究室)   p. 22

下痢性貝毒ペクテノトキシン6の精製と毒性評価   PDF
  鈴木敏之(利用加工部 機能評価研究室)   p. 23

カタクチイワシの新しい「すり身」へチャレンジ-丸ごと全部を利用しよう-   PDF
  石田典子(利用加工部 食品バイオテクノロジー研究室)   p. 24

水産食品製造用の乳酸菌発酵スターターの開発   PDF
  里見正隆(利用加工部 食品安全研究室)   p. 25

マグロの遺伝子を調べる   PDF
  尾島信彦(水産遺伝子解析センター)   p. 26

江戸時代からクロマグロの漁獲量はどのように変動したか?   PDF
  田渕 誠(業務推進部 図書資料館)   p. 27

【参考資料】中央水産研究所で行われている研究課題   p. 28 - 30

【参考資料】中央水産研究所の推進会議体制   p. 31

奥付

裏表紙

第6号(平成20年10月発行)

content