banner1 banner2

Copyrights © NRIFS-FRA All rights reserved.

研究のうごき (中央水産研究所主要成果集)  Current Research Activities of NRIFS
ISSN : 1881-5944

第1号 / 第2号 / 第3号 / 第4号 / 第5号 / 第6号 / 第7号 / 第8号 / 第9号 / 第10号 / 第11号 / 第12号 / 第13号 / 第14号 / 第15号 / 第16号 /

目次

 第16号 (平成30年9月発行)
第16号(PDF一括)    表紙(PDF)    目次(PDF)    奥付(PDF)   

表紙   p. 1

序文
  前野幸男(中央水産研究所 所長)   p. 2

目次   p. 3

産地市場の電子化に向けた取り組み
  金子貴臣(水産経済研究センター 水産政策グループ)・廣田将仁(開発調査センター)   p. 4

国産イカの減少がイカ加工業に与える影響
  三木奈都子・三木克弘(水産経済研究センター)   p. 5

家系シミュレーター(TEKKAMAKI)の開発
  秋田鉄也(資源研究センター 資源管理グループ)・岩嵜 航・印南秀樹(総合研究大学院大学)   p. 6

天然アワビ稚貝の生息場造成手法に関するガイドラインの作成
  澤山周平・黒木 洋明(資源研究センター 沿岸資源・生態系グループ)   p. 7

遠州灘沿岸域における海流を把握する試み
  日下 彰・清水勇吾(海洋・生態系研究センター 資源環境グループ)・瀬藤 聡・日高清隆(海洋・生態系研究センター モニタリンググループ)   p. 8

東日本沖海底の放射性セシウムのモニタリング
  安倍大介(海洋・生態系研究センター 資源環境グループ)・森田貴己(海洋・生態系研究センター 放射能調査グループ)   p. 9

ブランドカキの美味しさを見える化する
  村田裕子・東畑 顕(水産物応用開発研究センター 流通加工グループ)・堀井豊充(経営経済研究センター、現本部 研究推進部)・三輪竜一(海洋エンジニアリング株式会社)   p. 10

アカマンボウに疲労抑制機能があるバレニンが高含量存在することを発見
  大村裕治・木宮 隆・松田 隆(水産物応用開発研究センター 流通加工グループ)・石原賢司・國吉道子(水産物応用開発研究センター 安全性評価グループ)・前川貴浩・川端康之亮・安達駿悟・網谷雄也(株式会社 極洋)   p. 11

ニホンウナギの視覚遺伝子の起源をゲノムから探る
  中村 洋路・張 成年・斉藤憲治(水産生命情報研究センター ゲノム情報解析グループ)・藤原篤志(水産生命情報研究センター)・安池元重・馬久地みゆき・尾島信彦(水産生命情報研究センター 分子機能グループ)   p. 12

岩礁性底生生物のDNAバーコーディング
  丹羽健太郎(水産生命情報研究センター ゲノム分子機能グループ)・黒木洋明・澤山周平(資源研究センター 沿岸資源・生態系グループ)   p. 13

ニホンウナギ天然遡上個体/養殖放流個体の識別
  矢田 崇(内水面研究センター 資源増殖グループ)    p. 14

チャネルキャットフィッシュの在来魚食害防除のための基礎的知見
  松田圭史(内水面研究センター 漁業管理グループ)    p. 15

奥付   p. 16

第16号(平成30年9月発行)

content