banner1 banner2

Copyrights © NRIFS-FRA All rights reserved.

研究のうごき (中央水産研究所主要成果集)  Current Research Activities of NRIFS
ISSN : 1881-5944

第1号 / 第2号 / 第3号 / 第4号 / 第5号 / 第6号 / 第7号 / 第8号 / 第9号 / 第10号 / 第11号 / 第12号 / 第13号 / 第14号 / 第15号 /

目次

 第15号 (平成29年9月発行)
第15号(PDF一括)    表紙(PDF)    目次(PDF)    奥付(PDF)   

表紙   p. 1

序文
  中山一郎(中央水産研究所 所長)   p. 2

目次   p. 3

HACCPおよびGAPに基づく食品の安全性を確保する認証制度の実施状況
  神山龍太郎・桟敷孝浩・呂昱姮(水産経済研究センター 水産振興グループ)・住本雅洋(中央水産研究所客員研究員)   p. 4

日本の消費者は水産資源の持続可能性のためにお金を支払うか?
  若松宏樹(水産経済研究センター 水産振興グループ)   p. 5

日本の魚資源はどのくらい効率的に利用されているか?
  市野川桃子・岡村 寛(資源管理研究センター 資源管理グループ)・黒田啓行(西海区水産研究所 資源海洋部 浮魚資源グループ)   p. 6

ウルメイワシの産卵リズム
  入路光雄・高須賀明典(資源管理研究センター 資源生態グループ)   p. 7

声で海洋生物の地図をつくる
  赤松友成(海洋・生態系研究センター 生態系モデルグループ)   p. 8

カイアシ類Paracalanus parvus種群の種判別と分布
  日高清隆(海洋・生態系研究センター モニタリンググループ)   p. 9

下痢性貝毒認定標準物質の開発
  及川 寛・松嶋良次・渡邊隆一・内田 肇(水産物応用開発研究センター 衛生管理グループ)・高津章子・鎗田 孝(産業技術総合研究所 物質計測標準研究部門)・鈴木敏之(水産物応用開発研究センター)   p. 10

抗酸化物質セレノネィンの利用に向けた生理活性評価
  世古卓也(水産物応用開発研究センター 安全性評価グループ)   p. 11

遺伝子組換え魚の流通を監視するための検知法を開発中
  大原一郎(水産生命情報研究センター 分子機能グループ)   p. 12

DNA多型でみるタイラギ二種の違い
  關野正志(水産生命情報研究センター ゲノム情報解析グループ)・藤原 篤(水産生命情報研究センター)・橋本和正・山田勝雅(西海区水産研究所 有明海・八代海漁場環境センター)・佐々木猛智(東京大学総合研究博物館)   p. 13

内水面漁協の組合員数の推移と将来予測
  中村智幸(内水面研究センター 漁業管理グループ)    p. 14

野生動物に捕食されにくい渓流魚の放流技術の開発
  宮本幸太(内水面研究センター 資源増殖グループ)    p. 15

奥付   p. 16

第15号(平成29年9月発行)

content