banner1 banner2

Copyrights © NRIFS-FRA All rights reserved.

研究のうごき (中央水産研究所主要成果集)  Current Research Activities of NRIFS
ISSN : 1881-5944

第1号 / 第2号 / 第3号 / 第4号 / 第5号 / 第6号 / 第7号 / 第8号 / 第9号 / 第10号 / 第11号 / 第12号 / 第13号 / 第14号 /

目次

 第13号 (平成27年9月発行)
第13号(PDF一括)    表紙(PDF)    目次(PDF)    奥付(PDF)   

表紙   p. 1

序文
  中山一郎(中央水産研究所 所長)   p. 2

カンパチ養殖経営における国産人工種苗を用いた完全EP給餌導入の経済性
  桟敷孝浩(経営経済研究センター 需給・経営グループ)   p. 3

震災前後でのワカメ消費者市場の変化
  若松宏樹・宮田 勉(経営経済研究センター 漁村振興グループ)   p. 4

漁業管理の道具箱:現場の創意工夫を活かすしくみ
  牧野光琢(経営経済研究センター 漁業管理グループ)   p. 5

豊後水道におけるタチウオの資源構造の解明
  亘 真吾(資源管理研究センター 資源生態グループ)・廣瀬太郎・小河道生(開発調査センター 資源管理開発調査グループ)・徳光俊二(共同実施機関:大分県農林水産研究指導センター水産研究部)   p. 6

冬の黒潮海流域で生まれたサンマ仔稚魚はどのような環境を流されるか
  髙須賀明典(資源管理研究センター 資源生態グループ)・清水勇吾(海洋・生態系研究センター 資源環境グループ)・廣田祐一(海洋・生態系研究センター)・黒田 寛(北海道区水産研究所生産環境部 生産変動グループ)・奥西 武(東北区水産研究所資源海洋部 海洋動態グループ)・阪地英男(瀬戸内海区水産研究所生産環境部 主幹研究員)・大関芳沖(本部研究推進部 研究主幹)・木村 量(本部研究推進部 交流協力課)・久保田洋(本部研究推進部 研究開発コーディネーター)・伊藤進一(共同実施機関:東京大学海洋研究所)   p. 7

北太平洋へ放射性セシウムはどのように拡がったか
  帰山秀樹(海洋・生態系研究センター放射能調査グループ)   p. 8

九州西方海域におけるクロマグロ稚魚の分布と海洋環境の関係
  増島雅親・岡崎 誠(海洋・生態系研究センター モニタリンググループ)   p. 9

半年先の黒潮流路を予測する手法の開発
  清水勇吾・廣江 豊・日下 彰(海洋・生態系研究センター 資源環境グループ)・瀬藤 聡(生態系モデルグループ)   p. 10

ヤマトシジミの原産地判別技術開発
  山下由美子   p. 11

シガテラ中毒原因藻類から新規ポリエーテル化合物を発見
  渡邊龍一・内田 肇・松嶋良次・安元 健・鈴木敏之(水産物応用開発研究センター 衛生管理グループ)   p. 12

魚に触れずに脂の乗りを測る
  木宮 隆・大村裕治(水産物応用開発研究センター 応用技術開発グループ)・金庭正樹(水産物応用開発研究センター)   p. 13

タイラギのゲノム解析
  關野正志・中村洋路・安池元重・藤原篤志(水産遺伝子解析センター 構造研究グループ)   p. 14

マガキのグリコーゲン蓄積を制御する遺伝子
  馬久地みゆき(水産遺伝子解析センター 機能研究グループ)   p. 15

目次と奥付   p. 16

第13号(平成27年9月発行)

content