banner1 banner2

Copyrights © NRIFS-FRA All rights reserved.

研究のうごき (中央水産研究所主要成果集)  Current Research Activities of NRIFS
ISSN : 1881-5944

水産経済 水産資源 増養殖 海洋 生態系 利用加工 環境放射能 水産生命情報 内水面
ご挨拶 機構・組織 表紙 目次 奥付

黒潮続流域を通した亜熱帯海域への中層水輸送   PDF
  廣江 豊(海洋生産部)   第1号  p. 18

九州南方から四国沖の黒潮北辺域における水塊の分布と挙動   PDF
  斉藤 勉(黒潮研究部)   第1号  p. 19

黒潮外側域の表層海洋構造の季節変化   PDF
  渡邊朝生(海洋生産部)   第1号  p. 20

黒潮変動を引き起こす外的要因とその動態の解明
  瀬藤 聡(黒潮研究部 特別研究員)   第1号  p. 21

伊豆諸島域の黒潮流路変動予測の可能性   PDF
  小松幸生(海洋生産部)   第1号  p. 22

黒潮と沿岸水域の相互作用   PDF
  秋山秀樹(黒潮研究部)   第1号  p. 23

黒潮水域におけるリアルタイム海況モニタリング手法の開発   PDF
  秋山秀樹(黒潮研究部)   第1号  p. 24

日本周辺海域における一次生産及び関係諸量の推定方法の開発   PDF
  市川忠史(黒潮研究部)   第1号  p. 25

沿岸水・亜熱帯水における基礎生産過程の季節・経年変動の把握   PDF
  塩本明弘(海洋生産部)   第1号  p. 26

有明海の漁場環境予報システム   PDF
  田中勝久(海洋生産部)   第1号  p. 28

気候変動と餌料生物現存量の経年変動の関係解明   PDF
  中田 薫(海洋生産部)   第1号  p. 31

黒潮域における数値モデルを併用した海況モニタリングシステムの開発   PDF
  小松幸生(海洋生産部 海洋動態研究室)   第2号  p. 13

有明海湾奥部・西部海域における干潟浮泥物質の栄養塩循環に及ぼす影響の解明   PDF
  児玉真史(海洋生産部 物質循環研究室)   第2号  p. 14

マアジ卵仔稚魚輸送予測モデルの開発   PDF
  小松幸生(海洋生産部 海洋動態研究室)   第3号  p. 5

リアルタイム海況モニタリングで黒潮変動の実態を把握する   PDF
  秋山秀樹(海洋生産部 海洋動態研究室)   第4号  p. 9

黒潮続流域に出現する冷水渦の実態を把握する   PDF
  渡邊朝生(海洋生産部 上席研究員)   第4号  p. 11

物理的な撹乱が底生珪藻の組成とアサリやアワビの餌料環境に及ぼす影響を調べる   PDF
  児玉真史(海洋生産部 低次生産研究室)   第4号  p. 13

我が国周辺の太平洋の海況を予測するシステム,FRA-JCOPEが始動   PDF
  小松幸生(海洋生産部 海洋動態研究室)   第5号  p. 11

二十世紀の水産資源の変動を探る水産海洋データベースを作る   PDF
  秋山秀樹(海洋生産部 海洋動態研究室)   第5号  p. 12

オタマボヤの生態-黒潮周辺海域の基礎生産を浮魚仔稚魚生産につなぐ役割-   PDF
  日高清隆(海洋生産部 低次生産研究室)   第5号  p. 14

母なる海,黒潮の生物生産を観察し続ける研究   PDF
  杉崎宏哉(海洋生産部 低次生産研究室)   第6号  p. 5

海況予測モデルの安定運用と予測精度の改良   PDF
  清水 学(海洋データ解析センター 海洋モデル研究グループ)   第6号  p. 6

卓上式ビデオプランクトンレコーダー(B-VPR)によるプランクトンの大量計測から見えること   PDF
  市川忠史(海洋生産部 物質循環研究室長)    第7号  p. 6

クロマグロの産卵場の推定と海洋環境の特徴   PDF
  増島雅親(海洋データ解析センター 広域データ解析グループ)    第7号  p. 12

有害赤潮の分布変動要因の解明-早期予測と漁業被害の軽減を目指して-
  鬼塚 剛・青木一弘・清水 学(海洋・生態系研究センター 生態系モデルグループ)   第9号  p. 9

黒潮の変化を立体的に把握する
  斉藤 勉(海洋・生態系研究センター 資源環境グループ)   第9号  p. 10

サバの子供たちは房総沖の水温変化に一喜一憂?
  清水勇吾(海洋・生態系研究センター 資源環境グループ)・黒田 寛(北海道区水産研究所生産環境部生産変動グループ)   第10号  p. 9

漁師を悩ますミズクラゲの群れは、どこにできるのか
  青木一弘・清水学(海洋・生態系研究センター 生態系モデルグループ)・豊川雅哉(西海区水産研究所 資源海洋部 資源環境グループ)   第10号  p. 10

漁業者と取り組むシラス漁況の解析ツール
  市川忠史(海洋・生態系研究センター モニタリンググループ)・清水 学(海洋・生態系研究センター 生態系モデルグループ)    第11号  p. 9

小型浮魚と海水の放射性セシウム濃度の関係
  高木香織・藤本 賢・帰山秀樹・重信裕弥・三木志津帆(海洋・生態系研究センター 放射能調査グループ)    第11号  p. 10

低塩化が進む黒潮の水
  清水勇吾・廣江 豊・日下 彰(海洋・生態系研究センター 資源環境グループ)・市川忠史・日高清隆・児玉武稔(海洋・生態系研究センター モニタリンググループ)    第12号  p. 8

粒子モデルを用いた日本沿岸へのカツオ幼魚の来遊過程の把握
  増島雅親(海洋・生態系研究センター モニタリンググループ)・清藤秀理(国際水産資源研究所)    第12号  p. 9

九州西方海域におけるクロマグロ稚魚の分布と海洋環境の関係
  増島雅親・岡崎 誠(海洋・生態系研究センター モニタリンググループ)   第13号  p. 9

半年先の黒潮流路を予測する手法の開発
  清水勇吾・廣江 豊・日下 彰(海洋・生態系研究センター 資源環境グループ)・瀬藤 聡(生態系モデルグループ)   第13号  p. 10

橘湾の有害赤潮はどこから流されてきたか?
  青木一弘(海洋・生態系研究センター 生態系モデルグループ)・山砥稔文・平江 想(長野県総合水産研究所 漁場環境科)   第14号  p. 8

ウナギの産卵回遊生態解明に向けて
  張 成年(水産生命情報センター)・黒木洋明・山本敏博(資源管理研究センター 沿岸資源・生態系グループ)   第14号  p. 12

声で海洋生物の地図をつくる
  赤松友成(海洋・生態系研究センター 生態系モデルグループ)   第15号  p. 8

カイアシ類Paracalanus parvus種群の種判別と分布
  日高清隆(海洋・生態系研究センター モニタリンググループ)   第15号  p. 9

content