当研究所に所蔵する古書籍・古文書等の歴史的資料を日本におけるさかなと人のつながりを通じて水産業全般に対する理解を深めていただくために展示しています。
チャレンジャー号報告書(2008年10月-)
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS

チャレンジャー号報告書 =
Report on the Scientific Results of the Voyage of H. M. S. Challenger during the years 1873-76.
Printed for H.M. Stationery office(Great Britain)

生物学上の探検のうちで、最大のものと言われるチャレンジャー号による探検の報告書です。チャレンジャー号探検は、海洋を科学的に調査して、近代海洋学の始まりと言われるほどの成果を挙げました。
当館では、「チャレンジャー号報告書」のうち、ZOOLOGYの分野の一部(23冊)を所蔵しています。

古地図(2008年10月-)
Highslide JS Highslide JS

嘉永年中幕府調査内洋浅深図 江戸湾内 嘉永年中(1848-1853年)
ペリー来航(1853年)を受けて、幕府が江戸内湾(東京内湾)の水深図を調査して作成した地図です。
この地図の左端の部分は後に継ぎ足されたものと思われますが、この地図の後の所蔵者の署名や印があります。
墨字からは地図の来歴と「森重遠」所蔵であったこと、朱印からは「織田完之」所蔵であったことがわかります。
地図の右下の「青淵文庫」の文字からは「澁澤栄一」所蔵であったことがわかります。  

Highslide JS Highslide JS Highslide JS

曲寸准里内海深浅濱浦図 刊年未詳(幕末~明治初期)
江戸内湾から伊豆半島、房総半島、伊豆七島、小笠原島にかけて描かれた絵図です。要所の地名と距離が記入され、台場(砲台などをおいたところ)などの位置も記されています。水路地図としてみることもできます。

江戸・明治期の書籍と古文書目録のできるまで(2007年10月-2008年10月)
我が国の水産教育におけるパイオニア(2007年5月-10月)