Close
Free HTML5 Bootstrap Template

About Us

水産政策グループ

国立研究開発法人 水産研究・教育機構
中央水産研究所
経営経済研究センター

Search

浜の道具箱

データベース > 優良事例を探す > 一覧 > 優良事例の概要
Prev Next
③陸上ー( 3 ) (漁具・漁法の改良), ①漁場ー(1)(小型魚の再放流), ②港ー(2)(蓄養), ②港ー(1)(港での一時処理)

ヒラメ曳き釣りによる漁家収入の向上-大型クラゲに負けない持続可能な地域漁業を目指して-

2010 青森県 八戸鮫浦漁業協同組合小型船部会

概要

ヒラメ刺し網漁は,単価/労働時間が低く,小型魚の再放流が困難であるなど漁業収益面,資源管理面で問題点を有していた。そのため1998年よりヒラメ曳き釣り漁と活〆出荷への転換を目指した。絶え間ない漁具改良や漁法の習熟に務め,市場へ出荷形態の変更を働きかけた。

効果

刺し網漁に比べて47%の経費節減効果があり,単価upと併せて収益は約5倍となった。活力良好な状態での再放流が可能となりクラゲ流入の影響がなくなった。研究機関と共同で「冷海水蓄養」活〆技術を確立し,最も美味しいタイミングで全国の市場への出荷が可能となった。

Free HTML5 Bootstrap Template by FREEHTML5.co
Free HTML5 Bootstrap Template by FREEHTML5.co
Free HTML5 Bootstrap Template by FREEHTML5.co